【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その156:「警戒レベル」の再変更)(5月2日発表)

2022/5/4
【本文】
1 5月2日、フィリピン政府は、4月28日に発表したそれぞれの地域のCOVID-19対応のための警戒レベルを、5月3 日から5月15日まで以下のとおり再度変更することを発表しました。

 (1)「警戒レベル1」を課す地域
【ルソン地方】
・地域2(カガヤンバレー地域):ヌエヴァ・ヴィスカヤ州

【ミンダナオ地方】
・地域10(北ミンダナオ地域):西ミサミス州

(2) 「警戒レベル1」を課す都市、市町村
【ビサヤ地方】
 ・地域7(中部ビサヤ地域):タリサイ市(Talisay City:セブ州)

【ミンダナオ地方】
 ・地域12(ソクサージェン地域):アンティパス(Antipas:コタバト州)、バンガ(Banga:南コタバト州)

2 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては、感染予防に万全を期すとともに、コミュニティ隔離措置、感染状況、医療事情、航空便、入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。)等に関する最新情報に引き続き注意してください。
 
【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)(決議第166-A号:警戒レベルの変更)
 
https://www.officialgazette.gov.ph/section/laws/other-issuances/inter-agency-task-force-for-the-management-of-emerging-infectious-diseases-resolutions/
 
+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●在フィリピン日本国大使館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html
 
・・・・・・・・・・・・・・・
この情報は、在留届及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録をお願いします。
災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。
 
在留届・たびレジ登録
 (https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/
 
(問い合わせ窓口)
○ 在ダバオ日本国総領事館
   住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
   電話:(市外局番082)221-3100
   FAX:(市外局番082)221-2176
   ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
 
○ 在フィリピン日本国大使館
   住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
   電話:(市外局番02)8551-5710
(邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
   FAX:(市外局番02)8551-5785
   ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
 
○ 在セブ日本国総領事館
   住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
   電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
   FAX:(市外局番032)231-6843
   ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html