ダバオ・ジュリビー財団訪問

7月17日,三輪芳明総領事は紛争で足を失った障害者,聴覚障害を持つ乳幼児や児童,視覚障害者に対する支援を行っているNGO,ダバオ・ジュビリー財団を訪問しました。

同財団内には義足の製作施設,義足歩行のためのリハビリ施設,聴覚・視覚障害の検査室が設置されています。同財団は義足支援を実質的に行う唯一の施設であり,スールー諸島,マラウィ市での紛争被害者,国防軍兵士などに対する支援を行っています。最近,ミンダナオでは交通事故が増大しており,事故被害者に対する義足支援も増大しているとのことです。このような事情を踏まえ,同財団は支援能力を拡大した新施設の建設を計画中です。

 
  
                                       トロニオICRCミンダナオ所長(左端),
      ダバオ・ジュビリー財団アル・アッグ理事長(前ダバオ市副市長:右から2番目),                                 義足作製の様子
                                                 三輪芳明総領事(中央)                                              
 
     
                                                     工房に並ぶ義足                                                              義足使用者に対するリハビリ